シングルマザーの思うこと

40代のシングルマザー(2年目)。離婚・子供達・同居・お金のこと等をつづってます。

個人面談で言われたこと…

こんにちは。

 

今年度2回目の個人面談に行ってきました。

1回目は5月だったので、学校の様子を聞くというよりは、どういう子供なのかを学校側に伝えることになりますが、2回目の今回は、学校の様子を聞くことができます。

(1回目の個人面談の様子はこちら。)

www.fufumamalife.com

 

 

下の子

 

特に勉強や授業態度など、注意することはありません。

伝えたいことは給食のことです。

f:id:fufumama:20191127083555p:plain

給食…

下の子は、好き嫌いがあるものの基本的には食べるはず…

小食でもないし、食べるのが遅いほうでもないはず…

と思っていましたが、違ったようです。

先生いわく

「好きなものはおかわり自由にしています。

下の子は、よくおかわりをします。

もしかしたら一番おかわりしているかも…

でも、残すんです。」

 

「???」

 

食べれると思っておかわりして、やっぱり食べれなかった的な感じですか?

と聞いてみると。

いえ、おかわりしたおかずだけしか食べないと言ったほうがいいかもしれません。

他のものをほとんど残すといった感じです。

 

マジか…

 

たしかに家でも好きなおかずだけ食べて、あとは渋々食べる感じはあるけど、学校のほうが酷いなんて…

 

でも先生はしきりに、「でも私が悪いんです」と。

ごちそう様のときに、残していることを注意するんですが、彼女の笑顔に負けてしまうんです。

先生…

それは…

甘やかしでは?

 

担任の先生は子供が4人もいる子供好きで有名な先生で、しかも久しぶりの1年生の担任となって生徒みんながかわいくて仕方がないらしいです。

先生が担任でよかったと思いました。

なので、「家で給食は食べ終わってからおかわりするように言い聞かせます!それでも残してしまうようなら、先生にとびきりの笑顔でごめんなさいと言わせます」と宣言してきました。

 

長女

 

最初からお金の話題に。

相手の親にも話ましたが、相手もレシートが残っていたらしく自分で払ったと言っているようです。

正直、見ていたわけでもないので教師としてはこれ以上は詮索できないかと思っています。

何も解決できず、申し訳ないです。

と、言われました。

相手がレシートを持っているのは当たり前です。

なぜなら、全額長女が払ったわけではなく、長女から300円を取って相手は自分で払ったのですから…

でも、何の証拠もないので、これ以上は仕方がありません。

これからはそういうことがないようにするのはもちろんですが、すぐに親や先生に相談するようにするしかありません。

2か月も経過してから先生に迷惑をかけて、相手だってその時言われれば素直にごめんなさいが言えただろうし、こっちもいいんだよで済ませられたものを、こじらせてしまいました。

先生も相手の親がもう一度子供に確認すると言っていたので、また何かわかりましたら連絡します。

とおっしゃっていただけたので、この話は終了です。

(前回のお話はこちら)

www.fufumamalife.com

 

 

f:id:fufumama:20191127083642p:plain

そして、勉強の話に…

長女は1年生のときから算数が苦手です。引き算がダメなんです。

何度もプリントをやらせたりしていましたが、克服しないまま…

今回の個人面談でも算数は指摘されてしまいました。

もう私はあきらめていて、長女の一番好きな漢字を伸ばそうと思っていした。

でも、先生は塾とか何かやっていますか?と…

そこまで言われてしまうと、やはりやったほうがいいのかな。

考えてもいませんでした(^_^;)

シングルマザーの貧乏人なので、塾代が出せるかどうか、じっくり検討しなくてはと思う今日この頃です。

 

1回目の個人面談から変わったこと

 

下の子は、1回目の個人面談で慣れるまで先生と話することはできないかもしれませんと伝えていましたが、どうやら、以前よりさらに言葉を発しなくなったようです。最初のころは、はい・いいえとかは言っていたようですが、最近は首振りのみ…

どうしたもんかな。

長女は、最初担任の先生を嫌っていましたが、最近は先生といっぱいおしゃべりしているようです。

 

最後に

 

年に2回の個人面談は、2回目のほうが学校の様子や話が聞けて安心します。

しかし、下の子の先生と話せないことや、長女の友達関係など問題は山積みです。

塾も少し探してみようかな…

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。