シングルマザーの思うこと

40代のシングルマザー(2年目)。離婚・子供達・同居・お金のこと等をつづってます。

今日は保育園最終日、保育園には感謝です。

こんにちは。

 

やっと桜が咲き始めたのに、また寒くなってしまいましたね。

 

先週、無事卒園式をむかえましたが、保育園は今日まで登園でした。

今日が本当の最後、さみしくもあります。

 

登園の風景

 

いつもは自転車でぴゅ~っと保育園に登園していましますが、春休み中は長女と一緒に学童へ寄ってからの登園でした。

二人の仲良く歩く姿が、後ろからみててほっこりしてしまいます。

長女は学童が保留で入れていないので、来週はこの姿が見れません。

 

連絡ノート

 

保育園は毎日連絡ノートを提出しています。

連絡ノートを毎日記入しているわけではありませんが、先生からの連絡事項やこちらからの連絡事項を記入して先生とのコミュニケーションツールになっています。

今日は最後なので、私と二女とでお礼の言葉をしたためて提出しました。

今朝二女はボールペンで書いてしまい、うまくかけず消すこともできずぐずり始めてしまいました(^_^;)

おかげで最終日の登園はぐずぐず登園でした。

 

登園

 

いつもまばらに会うお友達。

なぜか今日は登園時間が重なり、いっぺんに会うことができました。

学年が下のお友達は、手紙をくれたり涙ぐんでくれたりしてこちらももらい泣きしてしまいそうでした。

 

感謝

 

保育園では、異年齢がまじったクラス体制なので、3~5歳の子たちが毎日同じクラスで活動しています。

年長児になると、下の子たちのお世話係になり、お昼寝がなくなった頃からは下の子たちのお昼寝を誘導するべく、トントンしてあげていたようです。

そのおかげで、末っ子二女が下の子たちのお世話上手になっていたようで、よく先生やその子のママたちにお礼を言われていました。

そんなお世話ができる子になれたのも、保育園での生活のおかげだと思い感謝しかないです。

 

降園

 

降園時はほとんど人に会わないので、今日も最後といいつつ変わらずに帰ることになると思います。先生とお話しは少しできると思うのですが、その時泣いてしまいそうです。

 

最後に

 

二年間だった保育園生活、幼稚園と違ってかまってあげる時間が少なく、少しかわいそうな思いをさせてしまったかもしれません。それでも行きたくないとは一度も言わず笑顔で毎日登園してくれたことを考えれば、きっと楽しく過ごせたんだろうと思います。また、来週からはすぐに学童が始まり、二女は春休みなんてなく過ごします。

一番楽しみにしているのは、長女です。来週からは学童もなくなり、4年生になるので、二女のおむかえに行けます。どうやら来週早々からおむかえに行く気満々です。きっと一人で家にいてもつまらないから、早く二女に帰ってきてほしいんでしょうね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました✿